パワーストーンの効果を引き出すための注意点

パワーストーン

天然石は、秘めた力を持っています。たった一つの石が、パワーストーンとして願いをかなえてくれることがあります。しかし、ただ持っているだけでは秘めた力を発揮することはありません。石をただのモノとして扱っているならば、石と所有者の間にはエネルギーのラインが存在せず、ただの石のままです。石は、所有者がきちんと意識をしないと、パワーストーンとしての役割を果たしてはくれません。では、どのように意識をすれば良いのでしょうか。まずは、できるだけ毎日身につけることです。同じものをつけ続けた方が効果を引き出せます。強く願うことがあるほど、同じものを付けた方が良いと言われています。ただ、ファッションとしてその日の服装や気分に合わせてコーデすることもあるでしょう。そのような時はピンときたものを選んで構いません。直感が大切なときもあります。

さらにパワーストーンの効果を引き出すには?

もっとパワーストーンの効果を引き出す方法があります。まず、手に入れたばかりのパワーストーンであれば、一週間は肌身離さず身につけていることです。一週間だけは24時間つけっぱなしにしてみてください。そうするとエネルギーが通りやすくなり、身につけない時でもパワーストーンの力を感じることができます。パワーストーンはリングやネックレスなどアクセサリーになっているものが多いですが、一番効果が期待できるのはブレスレットです。中でも数珠のように珠のつながったものだと、石が必ず肌に触れている状態になるため、エネルギーのラインが通りやすくなります。数珠のようなブレスレットは複数の石を同時に持てるので、相乗効果も期待できます。パワーストーンはバラバラで持つよりも組み合わせて持つ方がより強いエネルギーを発してくれます。素材としては金や銀、銅やプラチナがおすすめです。

パワーストーン外していい?つけないときの保管の仕方は?

パワーストーンは肌身離さず持っていた方が良いものです。ただ、入浴時やプール、就寝時には外しましょう。水やお湯に浸けたことで石を傷つける可能性があります。寝る時に外すのは、魂が別のところへ行っていてリセットされた状態になるためです。パワーストーンを身につけていると、そのエネルギーが妨げとなってリセットされないことがあります。安眠効果のあるパワーストーンに関しては、身につけたまま寝ても問題ありません。それ以外のものは、引き出しか箱に入れて保管しましょう。箱は桐製か紙、木製が向いています。皿に水晶を乗せて、そこを保管場所にすることもおすすめです。水晶には、パワーストーンを寝かせて浄化させる作用があります。皿は、天然素材でできたものを使いましょう。貝や石、木で作られた皿が適しています。