パワーストーンの種類による効果

パワーストーン

若者から年配の方まで人気があるのがパワーストーンです。パワーストーンは、ブレスレットやネックレス、指輪などの装飾品以外にもお守りやキーホルダー、ストラップなどの携帯品にも多く使われています。パワーストーンはそのストーンの種類によってさまざまな効果の違いがあるといわれているのをご存知でしょうか。パワーストーンだからと言ってやみくもに持ち歩くのではなく何のために持つのか、どのような願いをかなえたいのか、自分の思う所をしっかりと考え見つめてからストーンを選ぶようにするとより効果がみられるといわれます。パワーストーンの効果を知りたい場合は、インターネットで効果一覧というものが出ていますのでそちらを参考にしながら作りたいものにあてがっていくことがおすすめです。組み合わせによっても効果は変わってきます。

パワーストーンが織りなす効果とは

パワーストーンの効果は石の種類によってさまざまと言われています。例えば、誰もが知っている有名なアクアマリンは幸福な結婚へと導く石と言われています。身に付けることでコミュニケーション能力が高められ、過去の恋愛経験のトラウマなどを払しょくしてくれるパワーがあるといわれているわけです。紫のカラーが綺麗なアメジストは魔よけの守り石とも言われています。心配や恐れていること、さまざまなトラウマから解消してくれるといわれているストーンです。女性が嬉しいストーンとしてはガーネットなどもおすすめです。ガーネットは、努力を実らせ現在の恋愛を成就するといわれているストーンとなっています。大切な人との結婚や変わらぬ愛を貫きたいという方におすすめしたストーンです。自分が感じた今一番欲しい願いを身に付けるようにしましょう。

パワーストーンには組み合わせの相性があります

パワーストーンは一種類でも効果はあると言われていますが、ストーン同士を組み合わせることによって、より一層強い効果を出すストーンもあります。例えばオニキスであればアクアマリンやガーネット、黒トルマリンなどと一緒に付けると良いです。強い信念を身に着けたい方や、邪悪なものから自分自身を守りたいという方などにおすすめしたいストーンの組み合わせです。ブルーのカラーが特徴的で人気があるタンザナイトはラピスラズリやオパールとの組み合わせが良いと言われています。勇気と元気が欲しい人におすすめで好きな人に告白したいといった願い事がある方にもおすすめしたいストーンです。このように石と石同士を付けることでより強いパワーを発揮するのがパワーストーンの効果です。意味を調べて購入することをおすすめします。