特徴が分かりやすいパワーストーンの見分け方

パワーストーン

ブームもあったくらい一般的に認知されているパワーストーンですが、購入後や定期的に「浄化」という作業を行なうことを知らない方もおられると思います。そこで今回は重くなったと感じるようになったものや、様々な人の手を介したと思われる新しく購入したパワーストーンを浄化する方法やニセモノとの見分け方などについて紹介していきます。まずは誕生石についてです。プレゼントなどの参考にしてみてください。1月はガーネットで2月はアメジスト、3月はアクアマリンで4月は水晶となっています。5月はエメラルドで6月はムーンストーン、7月はルビーで8月はペリドットです。9月はサファイアで10月はトルマリン、11月はトパーズで12月はタンザナイトと言われています。諸説ありますので、効果などと照らし合わせて購入すると良いでしょう。

パワーストーンのニセモノとの見分け方について

パワーストーンにはニセモノが残念ながら存在します。どのようにして見分けたらよいのか、こちらも諸説ありますので、実際に購入するときにお試しください。一つ目は、持った時に軽すぎるものはニセモノの可能性があります。プラスチックに着色してあるだけのものが販売されていることがあるので、購入するときは気をつけてください。二つ目は、ニセモノは持った時にパワーを感じないということがあります。感覚的な問題なので、詳しくないと気付きにくいでしょう。三つ目は、持った時にすぐに暖かくならないということがニセモノの特徴としてあげられます。熱伝導の高いパワーストーンの場合はこの方法で見分けることが可能です。写真で見るよりも実際に触ってみないとわからないことが多いので、パワーストーンは店舗か通販ならば信頼できるところで購入することをおすすめします。

パワーストーンの浄化の仕方について

購入したてのときやパワーストーンが重くなったと感じた時は、浄化をした方が良い場合があります。購入したてのときに浄化の必要がある理由は、たくさんの人の手を介しているので、気が入っている可能性があるからです。やり方はたくさんありますが、どのパワーストーンでもできる方法について紹介していきます。一つ目はアメジストやクリスタルのクラスターの上に、半日から一日置いておく方法です。二つ目は日当たりの良い土の中に、布でくるんだパワーストーンを1週間から2週間ほど埋めておく方法です。他にも塩を使った浄化方法や日光に当てる方法、流水を使用した方法もありますが合わないパワーストーンもあるので注意して行なうようにしましょう。長く効果を得るためにも、パワーストーンにあった皆さんのやりやすい方法で浄化してみてください。