種類ごとのパワーストーンの素材の魅力

パワーストーン

願い事を叶えたり、災いの身代わりになってくれたりするパワーストーン、そんなパワーストーンとは、そもそも何でしょうか。宝石がパワーストーンになる事はご存知の方も多いかと思いますが、それ以外にも、金属や象牙などの生物由来のもの、岩塩などの食品等のパワーのあるものは全て、パワーストーンとされます。一部の地域や部族が使用している水晶などの宝石は、一般の名称ではなく、使用者が名付けている事もあり、パワーストーンの種類は非常に多くなります。その中からどうやって自分に合ったパワーストーンを選んだら良いのでしょう。誕生石や星座等、占いを用いるのもありますが、もっとも良いのは実際に手に取ってみることです。パワーストーンは素材によってだけではなく、一つ一つ個性があります。ですので、実際に手に取って肌で感じて、一つ一つ試してみましょう。いつかきっと、素敵な出会いがあると思います。

誕生石や星座石から分かるパワーストーン

誕生月や星座からパワーストーンを決めた物が誕生石や星座石です。3/21~4/19生まれの牡羊座はルビーやガーネット等。4/20~5/20生まれの牡牛座はエメラルドやヒスイ等。5/21~6/21生まれの双子座はトパーズやアクアマリン等。6/22~7/22生まれのカニ座はパールやコーラル等。7/23~8/22生まれの獅子座はダイヤモンドやペリドット等。8/23~9/22生まれの乙女座はアゲートやサードオニキスト等。9/23~10/23生まれの天秤座はラピスラズリやターコイズ等。10/24~11/22生まれのサソリ座はオパールやガーネット等。11/23~12/21生まれの射手座はトルマリンやアメジスト等。12/22~1/19生まれの山羊座はオニキスやエメラルド等。1/20~2/18生まれの水瓶座はサファイアやスモーキークォーツ等。2/19~3/20生まれの魚座はアメジストやムーンストン等です。

疲れてしまったパワーストーンの浄化方法

常に身につけていたり、長い間使用し続けたパワーストーンには、穢れや邪念が溜まり、疲れてしまいます。目安は1ヶ月程と言われますが、使用している本人が、パワーが落ちているなと気付いた時が浄化をするタイミングです。浄化の方法は様々あります。太陽や月に照らし、天体から力を補充する方法。流れる流水を受けさせ穢れを落とす方法。お香などのアロマの香りで癒す方法。浄化力を持つとされる水晶の近くに置いて浄化する方法。塩をまぶして清める方法。音を聴かせパワーストーンの持つ振動エネルギーを回復させる方法。母なる大地に埋めて再び生まれ変えさせる方法等があります。これらの方法ですが注意点があります。それはパワーストーンによっては、逆にマイナスに働く事があります。それはパワーストーンの材質が劣化する方法です。錆びてしまう金属に水や塩を使うのは好ましくありませんし、太陽等の強い光で変色してしまう場合も良くありません。