Category

赤ちゃんの風邪には鼻水吸引機

赤ちゃんや小さいお子さんがいる家庭では、鼻水吸引機という便利グッズを利用している方も多いかもしれません。鼻水吸引機とは、その名の通り、赤ちゃんの鼻がつまって呼吸がしにくいなどの症状が起こったときに鼻水を吸ってあげることで楽にしてあげるものです。
鼻水吸引機には、電動のものとお母さんが口で吸ってあげるものの2種類があります。電動のものは、スイッチ一つで鼻水を吸い上げてくれるので効率よく使用することができます。しかし、電動なので微調整はできず、赤ちゃんにとって強すぎたり刺激がありすぎて逆に鼻の中を傷つけてしまう恐れもあるので、やりすぎには注意が必要です。お母さんがチューブを吸うことで赤ちゃんの鼻水を取ってあげる鼻水吸引機は、力加減を調節できるので、赤ちゃんの表情をみながら行うことができます。しかし、慣れないうちはあまり鼻水が吸えなかったり、時間がかかってしまったりすることがありますので赤ちゃんの様子をみながら使用してくださいね。また、注意したいのは、菌が感染する恐れがあるということです。お母さんがチューブを通じて直接吸わなくてはいけないため、鼻水に含まれる菌がチューブを通じて上がってくる可能性があります。この鼻水吸引機を使用した際は、終わった後にうがいをするなど忘れないように心がけてくださいね。

赤ちゃんの鼻づまり対策

自分で鼻をかめないのでダラダラ流れ落ちるだけでなく、鼻の奥には鼻水がたくさん溜まっています。溜まった鼻水を吸い出さず置いておけば、蓄のう症のようになる事もあります。そこで便利なのが鼻水吸引機です。病院へいけば吸引してくれますが、溜まる度に行くことはできません。
そういう時こそ、自宅でも使える鼻水吸引機が活躍してくれます。鼻水吸引機も様々な種類があります。1つ目に、よく目にするのは赤ちゃんの鼻に刺して、吸い出すストロー形式のものです。
こちらはまだあまり動かない赤ちゃんなら楽に使えるもので価格も1,000円から1,500円と安価であり病院で購入できる所もあります。しかし吸い出す力も必要な事とどうしても菌をこちらも吸い込むので風邪をもらう可能性が高くなります。二つ目は、電池式の吸引器です。価格は3,000円から4,500円ほどです。吸引力は中程度で、持ち歩く事もできて便利です。
自動で吸引してくれるので、早く終わり赤ちゃんへの負担も少なく済みます。しかし、鼻に刺す部分があまり奥へはいかないため、生後8ヵ月頃の赤ちゃんからでないとうまく吸引できません。三つ目は病院でも使用されているものに近い電動式の吸引器です。価格は10,000円から20,000円程でインターネットで購入することができます。鼻に刺す部分もチューブで刺しやすく、大人まで使えます。しかし機械も大きく、高価です。

PICK UP

News

2017/12/21
手動のものよりも電動のほうが良いを更新致しました。
2017/12/21
意外と痛みを感じにくいを更新致しました。
2017/12/21
赤ちゃんの健康を守る機械を更新致しました。
2017/12/21
鼻水吸引機のオススメのタイプとはを更新致しました。
トップへ戻る
rss
このエントリーをはてなブックマークに追加