Category

苦しそうな赤ちゃんの鼻づまり

冬になると増える鼻づまりや鼻水。うまく鼻をかむことの出来ない赤ちゃんは眠っていても鼻水が喉に落ちてきてしまい、咳こみ熟睡できずに何度も泣いて起きてしまうことも増えてしまいます。赤ちゃんも泣いて可哀想だし、親も熟睡できません。そんな時はこまめに鼻水を吸ってあげることが必要になりますが、これがなかなか難しいのです。直接赤ちゃんはの鼻に口をつけて一気に吸ってもいいですが、逆に親が体調を崩してしまうこともあります。そんな時に便利なのが鼻水吸引機です。薬局などで簡単に購入出来るもので800円前後のものがあります。これは片方を赤ちゃんの鼻にいれ、もう片方を口で吸い上げます。しかし、なかなかコレが上手くいかず、表面の鼻水は吸い上げることができますが、なかなか中の鼻水まで吸うのは難しいです。
吸引力がいります。そこでネットなどで購入出来るのが自動の鼻水吸引機。お値段も5000円~本格的なものになると15000円~になります。電池式でボタンひとつで片手でおさまるサイズのものや、小児科などにも置いてあるようなものまで様々な種類があります。電動の鼻水吸引機は少し音がうるさく赤ちゃんがビックリして泣いてしまうかもしれませんが、出来るだけこまめに吸ってあげることが大切です。

赤ちゃんの鼻の汚れもキレイに吸引

年齢が小さいほど、鼻水が出ていても自分で噛むことができないです。しかし親ができることは、鼻の穴から出ている汚れをふき取るだけで、本人が苦しそうにしていても年齢的に言葉も話すことができないので、どうすればよいのかと困ってしまいます。そこで鼻水吸引機がおススメです。この器具を使って鼻の奥に詰まっている汚れを吸引し、鼻呼吸がしやすくなるだけではなく、鼻炎の症状を改善することもできます。やり方は簡単で鼻水を吸い込むための穴と吸引するためのストロー口があって、吸い込むための穴は子供の鼻の穴にあてておき、ストロー口は親が口を付けて空気を軽く吐き出した後に、空気と一緒に勢いよく吸い込むことで鼻水も一緒に吸い取ることができます。
鼻水吸引機なので鼻の穴にグリグリと差し込むことがないので、痛みを感じることも器具によって鼻が傷つけることもないです。コツさえ掴むことができれば、ある程度の鼻水を吸引することもできます。初めて使う時に吸引する部分の穴を子供の鼻の穴あてますので、何かされるのではという恐怖感が出ることもあります。しかし慣れてくれば抵抗することがなく吸引させてくれますので、鼻水吸引機を見ただけで逃げたり、痛がって抵抗しなければ問題はないです。色々な商品が出ていますが、ドラッグストアーや薬局でも販売していますし、子供用の製品を扱っている通販でも購入できます。

PICK UP

News

2017/12/21
手動のものよりも電動のほうが良いを更新致しました。
2017/12/21
意外と痛みを感じにくいを更新致しました。
2017/12/21
赤ちゃんの健康を守る機械を更新致しました。
2017/12/21
鼻水吸引機のオススメのタイプとはを更新致しました。
トップへ戻る
rss
このエントリーをはてなブックマークに追加