Category

辛い鼻つまりには鼻水吸引機が有効

はじめての育児で困ってしまった!というトラブルの中の1つである、鼻水のつまりに悩まされたことがあるかと思います。あかちゃんや幼児の場合、まだ鼻水を上手に自分でかむことができないため、鼻つまりで辛くて泣いたり逆に鼻水の量が多くて鼻の下が赤くかぶれてしまったりとトラブルがつきません。
このような時はどうしたらいいの?という時におススメなのが、鼻水吸引機なんです。よく耳鼻科で見かける器具ですが、簡単に言うとこの家庭版になり、大きさによっては携帯できるのでとても便利。ママの口から専用ノズルで吸い取るタイプや手動での吸引、また小型電動から大型電動の鼻水吸引機まであり用途にあわせて数多くの種類から選ぶことができます。電動鼻水吸引機の場合は、吸引力の調整ができるものがありますし洗浄がしやすく設計されている器具もあります。特に外出時は外気の影響で鼻水の量が増えることがあるので、携帯サイズがあれば安心ですしその都度まめにケアすることであかちゃんもストレスなく過ごせそうです。お値段は機能によって幅があるのですが、スポイトなどの手動は数百円程度からありますし携帯サイズの電動鼻水吸引機は、数千円からあります。比較的人気が高めなのは、1万円から1万5千円程度のもので多く販売されています。一台あると兄弟や姉妹でも使用できますのでとても重宝するのではないでしょうか。

鼻水をほったらかしにしてしまうと起こる病気とは?

小さな子どもの鼻水は、どのように処理していますか?昔はお母さんが直接口で吸いこんだりしていましたが、お母さんに菌がうつってしまうので、今はあまり良くないともいわれています。しかし、子どもの鼻水はなんでこんなに出てるの?と驚いてしまうほど無限に出てきますが、ティッシュで拭くのみでは、ただ表面の鼻水しか取れていないという事はご存知でしょうか?
鼻水は奥の方にもぎっしり詰まってしまっています。さらに鼻水は、内側を綺麗にするたえに粘膜から分泌されるもので、空気と一緒に菌やウイルスもいっしょに吸い込んでしまっていることから、非常に汚いものになっています。そんな汚い鼻水をほったらかしにしてしまうと、副鼻腔炎という鼻の炎症を起こしてしまうほか、中耳炎も起きてしまう可能性があります。
鼻水をほったらかしにしてしまうと害があるのは鼻だけではありません。さまざまなウイルスにかかって炎症を起こしてしまうまえにしっかり鼻水吸引機で吸い取りましょう。鼻水がひどくなったお子さんを耳鼻科に連れて行った際、電動の鼻水吸引機でしっかり綺麗に鼻水をとってもらっているかと思いますが、家庭用の鼻水吸引機も今はたくさん登場しており、同じくらいのパワーできれいに鼻水を吸い込んでくれます。鼻水吸引機にもさまざまな種類があるので、一度調べてみてはいかがでしょうか。

PICK UP

News

2017/12/21
手動のものよりも電動のほうが良いを更新致しました。
2017/12/21
意外と痛みを感じにくいを更新致しました。
2017/12/21
赤ちゃんの健康を守る機械を更新致しました。
2017/12/21
鼻水吸引機のオススメのタイプとはを更新致しました。
トップへ戻る
rss
このエントリーをはてなブックマークに追加