Category

PICK UP

鼻水吸引機を使ってみよう

【鼻水吸引機とは?】
鼻水吸引機とは、鼻腔内に溜まった鼻水を吸い出すことを目的に作られた吸引機の事をさします。乳幼児は鼻腔内の鼻水を上手に排出することが出来ません。長時間、鼻水が排出されず鼻腔内に留まると、鼻づまりの他に、中耳炎や気管支炎などの原因になります。鼻水吸引機には、手動と電動の物があります。
【手動の鼻水吸引機】
メリット→価格が安価。600円~800円円程で購入できます。吸引の力は弱めで、優しい使い心地です。手のひらサイズのコンパクトさがあり、持ち運びも苦になりません。デメリット→吸引の力が不足し、鼻の奥に溜まった鼻水を吸い取れません。また、ストローを咥えて吸い出す方式の場合、鼻水だけでなく菌やウイルスを吸い込み、二次感染を起こす恐れが高いです。
【電動の鼻水吸引機】
電池式とコンセント電源式があります。電池式メリット→コンパクトながらパワフルな吸引力があり、外出にも持ち運べる便利さも兼ね備えています。電池式デメリット→4000円~6000円程の価格です。吸引力が電源式と比べるとやや劣る。
電源式メリット→吸引力が抜群で、奥の奥に溜まった鼻水も吸い取る事が可能。電源式デメリット→価格が高い。15000円~22000円程します。機械が大きく、場所をとる。病院の機械に見えるので、子供が警戒します。消毒は全ての鼻水吸引機で、必要になります。部品の数が多い吸引機になると、消毒の作業の負担も増します。

鼻水吸引機は赤ちゃんには必要

赤ちゃんが産まれるとなったときには多くのものを準備しなければなりません。服であったり、哺乳瓶であったりなど様々な必須品があります。様々あるなかで赤ちゃんにとってあった方がよいものは鼻水吸引機です。なぜ鼻水吸引機がいるのかと疑問に思われる方もいるでしょう。赤ちゃんはもちろん自分で鼻をかむことはできません。
しかも寝たままで生活することが多いので、鼻水が詰まって窒息する可能性もあります。そんなときに便利なのが鼻水吸引機です。これを使うことにより赤ちゃんに負担をかけることなく、鼻水を吸ってあげることができます。ティッシュではいけないのかという意見もあるでしょう。いけないわけではありませんが、赤ちゃんの鼻水は思っているよりサラサラしているものです。そのため、ティッシュできちんと鼻水を拭き取ることができるかと言われたら少し微妙です。何度かすれば慣れるという人もいるかもしれませんが、やはり赤ちゃんのことを考えてあげるときちんと鼻水を取ってあげた方がよいですね。赤ちゃんは自力でできる可能性が低いのです。ですから、親からのきちんとしたサポートが必要になるので、しっかりと道具を揃えておきましょう。以上を踏まえたうえで、鼻水吸引機も購入してみてください。

New Posts

手動のものよりも電動のほうが良い

辛い鼻つまりには鼻水吸引機が有効 はじめての育児で困ってしまった!というトラブルの中の1つである、鼻水のつまりに悩まされたことがあるかと思います。あかちゃんや幼児の場合、まだ鼻水を上手に自分でかむことができないため、鼻つまりで辛くて泣いたり逆に鼻水の量が多くて鼻の下が赤くかぶれてしまったりとト…

More...

意外と痛みを感じにくい

苦しそうな赤ちゃんの鼻づまり 冬になると増える鼻づまりや鼻水。うまく鼻をかむことの出来ない赤ちゃんは眠っていても鼻水が喉に落ちてきてしまい、咳こみ熟睡できずに何度も泣いて起きてしまうことも増えてしまいます。赤ちゃんも泣いて可哀想だし、親も熟睡できません。そんな時はこまめに鼻水を吸ってあげること…

More...

赤ちゃんの健康を守る機械

赤ちゃんの風邪には鼻水吸引機 赤ちゃんや小さいお子さんがいる家庭では、鼻水吸引機という便利グッズを利用している方も多いかもしれません。鼻水吸引機とは、その名の通り、赤ちゃんの鼻がつまって呼吸がしにくいなどの症状が起こったときに鼻水を吸ってあげることで楽にしてあげるものです。 鼻水吸引機には、…

More...

鼻水吸引機のオススメのタイプとは

鼻風邪を早く治したいなら鼻水吸引機は必須 赤ちゃんが風邪を引いた時など、あると便利だった!と大多数の人が思うのが鼻水吸引機です。昔はお母さんが口で吸っていたなんてのも聞いたりしますが、今は鼻水吸引機を使うのが一般的。また、その種類も多様化しています。コンパクトに抑えたいなら手動式、しっかり吸引…

More...

News

2017/12/21
手動のものよりも電動のほうが良いを更新致しました。
2017/12/21
意外と痛みを感じにくいを更新致しました。
2017/12/21
赤ちゃんの健康を守る機械を更新致しました。
2017/12/21
鼻水吸引機のオススメのタイプとはを更新致しました。
トップへ戻る
rss
このエントリーをはてなブックマークに追加